なかがわ皮膚科クリニック|石川県金沢市の皮膚科専門医|アトピー性皮膚炎、湿疹、ニキビ、水虫、イボ等の治療

  • 電話番号076-268-4112
  • 診療時間/9:00-12:30 14:30-18:30
  • 休診日/木曜・日曜・祝日

主な皮膚疾患とその治療法

Disease and its Treatment

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)は、手のひらや足のうらに左右対称性に小さな水ぶくれや膿が集まってできる病気です。自覚症状はほとんどないか、わずかにかゆみがある程度です。まれに肋骨や鎖骨などに痛みを伴う場合もあります。
はっきりした原因は今のところ分かっていませんが、喫煙(1日20本以上)や扁桃腺炎、虫歯、金属アレルギーなどが誘因となっている可能性が示されています。
治療としては、主に炎症を抑えるためのぬり薬を処方します。喫煙(1日20本以上)されている患者さまの場合、禁煙すると急に症状が良くなる例がありますので同時に禁煙をお奨め致しております。
現在のところ掌蹠膿疱症を完全に治してしまう治療法はありません。長期間にわたって慢性に経過する場合が多いですので、根気よく治療する必要があります。
中には水虫(足白癬)やかぶれ(接触皮膚炎)とまぎらわしい場合がありますので、掌蹠膿疱症の診断・治療に熟達した皮膚科専門医のもとで治療されることを強くお奨めします。