なかがわ皮膚科クリニック|石川県金沢市の皮膚科専門医|アトピー性皮膚炎、湿疹、ニキビ、水虫、イボ等の治療

  • 電話番号076-268-4112
  • 診療時間/9:00-12:30 14:30-18:30
  • 休診日/木曜・日曜・祝日

主な皮膚疾患とその治療法

Disease and its Treatment

水イボ(伝染性軟属腫)

水イボは伝染性軟属腫ウイルス感染による良性腫瘍であり、特にアトピー性皮膚炎などのある小児の患者さまに多発して見られます。 従来、水イボはピンセットでつまんで取ることが多かったのですが、小児の患者さまは痛がりますし、また出血もあるため、替わりに40%硝酸銀溶液を塗布する方法(40%硝酸銀療法)を採用しております。
細い綿棒で40%硝酸銀溶液を塗布すると同部位が徐々に黒くなってきて、1週間程度で半数くらいの水イボが脱落します。皮膚の黒い色も時間が経てば自然に消えていきます。
塗布後も入浴は普通にできますが、あまり患部を触らないで下さい。触った部分に水イボがうつる可能性があります。
水イボの数にもよりますが、1週間間隔で2~3回程度行うのが標準的です。塗布直後に軽い痛みやかゆみを伴う場合がありますが、特に心配は要りません。