なかがわ皮膚科クリニック|石川県金沢市の皮膚科専門医|アトピー性皮膚炎、湿疹、ニキビ、水虫、イボ等の治療

  • 電話番号076-268-4112
  • 診療時間/9:00-12:30 14:30-18:30
  • 休診日/木曜・日曜・祝日

主な皮膚疾患とその治療法

Disease and its Treatment

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の患者さまは生まれつき皮膚の脂分を作る機能が低下しています。そのため皮膚から水分が蒸発しやすくなり、結果として皮膚が乾燥しガサガサになってしまいます。ガサガサになった皮膚には亀裂やひび割れが生じ、ここからダニ、ホコリ、カビなどのアレルゲンと呼ばれる物質が皮膚の中に入り込んでしまい、慢性の炎症を繰り返す原因となります。
アトピー性皮膚炎は小児の患者さまに多く、成長とともに症状も改善することが多いですが、現在のところアトピー性皮膚炎を完全に治してしまう治療法は存在しません。かゆみに対しては対処的にかゆみ止めの飲み薬を使用し、皮膚の乾燥に対しては足りない脂分を補うぬり薬を処方します。
ぬり薬のうち、皮膚の炎症を抑えるものがステロイド外用薬です。ステロイドと聞くと、よくオリンピックの選手がドーピングで捕まったりするので副作用の強い危ない薬なのではないかと誤解されている方が多いと思いますが、これは間違いです。ステロイドとは人工的に合成された副腎皮質ホルモンの総称ですが、この副腎皮質ホルモンは体温や血圧、血糖値などを正常に保つなど、人間が生きていく上で必要不可欠な役割を果たす物質なのです。またステロイドには強い炎症を抑える効果もあることから、皮膚の炎症を速やかに抑えるには非常に効果的です。
ステロイド外用剤の副作用としては、トビヒ、水イボなどの皮膚の感染症に罹りやすくなる点が挙げられます。このため、患者さまの症状に合わせて最適な強さのステロイド外用薬を選択する必要があります。アトピー性皮膚炎の治療に熟達した皮膚科専門医の指導のもとで、しっかりとした治療を続けることが大切なのです。
また、普段の生活から皮膚の保湿を心がける必要があります。当院では、アトピー性皮膚炎の患者さまにお奨めできる保湿剤(ボディローション、入浴剤等)のサンプルを配布しておりますので、使用してお気に入り頂ければ、お近くの薬局・薬店でお買い求め頂くことができます。